パチンコのイベントコンパニオンで人生が変わった

読モの転校生と一緒に東京の撮影に同行

私は小さい時からテレビを見るのが好きでした。
テレビの中の女優さんはキラキラ輝き、モデルさんたちは美しいプロポーションで子供心にあこがれを抱いてたんです。
ドラマを見ても宇行しい女優さんがイケメン男性と恋愛を繰り広げ、豪華な高級マンションに住み最先端のファッションに身を包んでまさにそのシーンは私にとって憧れであり、夢そのものだったんです。
なぜなら生まれは貧しく、田舎暮らしであってテレビの世界のような日常とは無縁だったからです。
自分もいつかテレビに出て皆にあこがれられる女優やモデルさんになってみたいと漠然と夢を描くようになってました。
高校に進学してからもその夢は消えず、高校を卒業したら絶対に芸能事務所に所属して東京で華やかな生活を送ってみたいと感じてたんです。
そんな矢先、自分の高校に東京から転校生がやってきたんです。
彼女は芸能界にもいるような非常にスレンダーなボディの持ち主で顔もタレントのようにかわいいのです。
聞けば東京にいるときに読者モデルをしていたというので、びっくりしました。
私の身近に芸能界にいたことのある人がいるんだという感激で、もっと彼女と仲良くなっていろいろモデルや芸能界の世界の話を聞きたいと思うようになったんです。
熱海からは新幹線で通えば東京に行くのも不便ではないということで、その友達は読者モデルを辞めずに続けるということを聞いたんです。
そして私はダメもとで、今度撮影があるときに一緒に同行させてほしいとお願いしました。

読モの転校生と一緒に東京の撮影に同行 / モデルや芸能界に憧れて上京したが / パチンココンパニオンから番組に出演が決まる